2018年11月04日

J1第31節 VSコンサドーレ札幌戦

アウェイのコンサドーレ戦は鬼門。会場が魔鏡厚別ではなかったことはプラスには作用しなかった。
1-0の敗戦。
両チームのキーパーがビッグセーブを連発する試合だった。どちらかというとシュミットのセーブの方が多かった。それだけ劣勢になることが多かったということでもある。
1失点ですんだのはシュミットのおかげだと思う。
とにかく点を取れないのが問題だ。キーパーがいないがら空きのゴールめがけたシュートをゴールポストに当てたり、甘め判定でもらったPKを止められたり、と自ら勝機を逃したような気がする。



posted by お千代 at 16:18| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする