2018年06月01日

国民栄誉賞決定


最初に話が出てからおよそ3ヶ月。ようやく正式に決定した。
本当に良かった。

時間がかかったのは有識者会議で揉めたからではなく、政治情勢がらみだろう。
またぞろ『○○さんがもらってないのに』とか『政権のご機嫌取り』とか揶揄する人が出てくるだろう。確かに一理はある。
ただ、だからといって羽生くんがこの賞にふさわしくないことにはならない。
土曜日の日中に最高46%の視聴率をたたき出し、たった一人のパレードに外国からも含めて11万人集め、10代の頃から判明している分だけで4000万以上の寄付をしているアマチュアアスリート。はっきり言って前代未聞の存在だと思う。
五輪連覇は、冬季個人競技としては日本初だし、フィギュアスケート界としても男子では66年ぶりという偉業。世界最高得点を12回更新し、現在の保持者。
こうした実績や人気、社会貢献を考えたら、羽生くんに上げるのは至極当然。むしろ上げなければ、他のアスリートがもらうためのハードルが高くなりすぎる。羽生くん側から辞退することもやはりハードルを上げてしまうことになる。今後のためにも今回の受賞は良いことと思う。

それにしても受賞に際して出したコメントが素晴らしすぎる。
河北は電子版とはいえ号外を出したし、夕方のローカルニュースのトップはこれで決まりだな(^^)


posted by お千代 at 14:26| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする